フリーランスにとって悩みを相談できる相手は必要!

電話占い ジャンル
働き方改革により、サラリーマンではなくフリーランスという働き方を選ぶ人が増えています。

自分の持つ技術1つで勝負できる個人事業主という扱いですが、合わせてフリーランスならではの悩みが尽きないことも確かです。

なぜなら、自分1人で手を出せる仕事量には限界があるので、着手可能な範囲の仕事を外注するか判断する時期が来るからです。

では、正解があるのかすら分からない難しい判断を経営者はどのように決めているのでしょうか?

企業規模に関わらず経営判断に占いを活用している経営者は多い

経営者が占い師と懇意にしていることは、政治家にも当てはまるほど占い結果を最終決断の参考にしている人が多いと分かります。

フリーランスにとっては、受注先がいつ倒産するか分からない状態で仕事を受注し続けることになるので、理屈では分からない部分を補うために占い鑑定を使うわけです。

全く同じ条件の仕事が舞い込んで来た時や、事業拡大と現状維持のどちらにしようか悩んだ時に、迷わずどうすべきか判断できる人は滅多にいません。

誰もが立ち止まって悩む時に何でも相談出来るのが占い師であって、個人的に守秘義務を保った上で相談出来る場所が電話占いサイトとなるわけです。

占い師とフリーランスの個人は基本的な接点が無く、電話占いサイトを通じて占い鑑定を行うだけの関係だからこそ、第三者的な立場で占い師は鑑定結果を基にしてアドバイスを適切に行えます。

電話占いと対面占いを併用可能な電話占いウィルを使ってみよう

数多くある電話占いサイトの中で「電話占いウィル」が注目されている理由は、在籍している占い師の中に電話占いと対面占いの両方に対応している人がいるからです。

渋谷と池袋に他占いの館ウィルがあるので、東京都内に滞在できるタイミングがあれば対面式占いも併用できます。

普段は電話占いを活用しつつ、東京都内へ出向く機会があれば対面式占いで更に深く占い鑑定を受けられるならば、個人事業主として自分だけが頼りの状態で仕事をするフリーランスにとって、占い師は力強い味方となるはずです。

調査能力が企業よりも劣るフリーランスにとって、安定して事業を進めるために電話占いを活用しない手はありません。

フリーランスならば電話占いで精神的な安定も確保しよう

フリーランス 電話占い
自分一人だけの力で事業を営むフリーランスにとって、経営判断を1人で行わなければならないプレッシャーは計り知れません。

電話占いサイトならば、その時に相談に乗ってくれる占い師を24時間いつでも確保できるからこそ、不安に押しつぶされること無くフリーランスとして経営判断を着実に行えるわけです。

Related Post